小牧市の自由設計・新築注文住宅・リフォームの工務店、株式会社マスターズ

トリプル(3層)ガラス+樹脂サッシ

 

室内に差し込んでくる夏の強い日差し、窓から伝わってくるひんやりとした冬の冷気。
窓は住宅の中でも外気からの影響を受けやすく、夏場は約70%の熱が入ってきて、
冬場は約50%の熱が窓から逃げています。

日本の新築住宅で使用されている窓のほとんどが2枚ガラスで構成された複層ガラスサッシですが、
M’s SMART 2020 が採用するのは、デザイン性と機能性を兼ね備えたトリプル(三層)ガラス樹脂サッシ。
高断熱・高気密の住まいを実現します。

 

厚さ2.5mm以上の堅牢樹脂フレーム

M’s SMART 2020 の窓フレームは、
構造体となる外周部を2.5mm以上の厚さで成型しています。

2.5mm以上の堅牢フレームにすることで、変形・垂れ下がり、
枠・障子の劣化を未然に防ぎ、長期に渡り、断熱・気密性能を維持することが可能です。

国内最高クラスの断熱性能

暑さ・寒さを左右する大きな要因となるのが「窓」の性能です。窓の性能を高めることは、健康で快適な暮らしを実現する必須条件といえます。

M’s SMART 2020 が採用するトリプルシャノンⅡxの熱貫流率(Uw値)は、
0.94W/(m²・K)で超断熱性能を実現しています。

高性能Low-Eトリプル(三層)ガラスを採用

トリプルシャノンⅡxは、高性能トリプル(三層)ガラス。
M’s SMART 2020 が採用する縦すべり出し窓は、ガラス総厚39mm。
空気層の厚みを確保し、断熱性能を高めています。

さらに、樹脂サッシはアルミに比べ、約1/1,000しか熱を通しません。

JIS最高等級を上回る気密性能

気密性は室内の冷暖房効率、遮音など快適な住まいを実現するため
大きく影響する重要な性能です。

M’s SMART 2020 では、トリプルシャノンⅡxの縦すべり出し窓を採用することで、
JIS最高等級【A-4等級】を上回る気密性能を実現しています。

生活音を気にしない優れた遮音性能

気密性能が高いトリプル樹脂サッシは、同時に遮音性能も優れています。

通行量の多い道路に面した立地、電車が近くを走っている立地においても
静かな室内環境を実現します。

高い断熱性と気密性が、大切な家族の健康を守る「健康」はこちら

より快適に、より省エネへ「断熱・気密」はこちら

外からの雑音を防ぎ、静かな室内環境をサポートする「遮音・防音」はこちら

資料請求はこちら
資料請求はこちら

尾張地区初!
「電気代を気にしなくなる家」
お気軽にご相談ください!

「電気代を気にしなくなる家」
マスターズってどんな会社?
LikeHome~楽育家~